実は私…旦那以外の男に調教されています…。2

女性もえっちな妄想をしてもいいんです。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

SM/調教のお部屋

実は私…旦那以外の男に調教されています…。2
2021年08月04日 01時11分
GOD of Fetish
DUGA

「もうダメ、休ませて・・・」

2回目の放出が終わった時、私は息絶え絶えに男に哀願しました。

枕もとには無数のティッシュや汗の跡がが散乱して、2人の激しい交わりを物語っていました。

男が私から離れると、まさに驚くほどのザーメンが流れ落ちました。

(そう言えば、抜かずの2回戦だったんだわ・・・)

私はそれをティッシュですばやく拭き取ると、思わず次の瞬間、目の前にあった精液まみれの男のペニスを口に含んでいたのです。

男に命令されたわけでもないのに、今、自分は自らの意思で、汚れた男のペニスをくわえている。

自分自身、信じられないとっさの行為でした。

精液まじりの何とも言えない臭いが鼻をつきます。

またペニスの先端からは、わずかな精液の残りかすが舌に苦い味となって出てきました。

ふと男と視線が合いました。

私は男から目をそらさず、男の目を見つめながら、ペニスをしゃぶりつづけたのです。

「いやらしい目つきだ。」

男は、そうつぶやきました。

「腹がへった。何か食わせてくれ。」

男は、私の乳房をもてあそびながら、そうつぶやきました。

私は、下半身にジーンと残る疼きの余韻にそのままひたっていたい気持ちを抑えながら、浴室へとむかいました。

洗面所には、あの獣のような交わりの前に脱ぎさった衣服が、そのままの状態で置かれていました。

(もう以前の私には戻れないかもしれない・・・)

一瞬、そんな思いが頭を過ぎりました。

シャワーを浴びた私は、パンティに、ブラウスだけの姿でキッチンにたちました。

ブラはつけませんでした、もちろんスカートも。

どうせあの男は、また私の肉体を求めてくるんだから・・・。

案の定、しばらくしてシャワーから出た男は、キッチンに立つ私の背後から近づき、身体を密着させると、私のお尻に手を添えました。

そして、もう一方の手はいとも簡単に、ブラウスの隙間から入り込んで、乳房をもみ始めたのです。

「めっきり艶っぽくなりやがって。我慢できないぜ。」

そう耳元でつぶやいた瞬間、お尻をなでまわしていた手は、パンティの間から滑り込んで、

再び、あの2本の指が私の敏感な肉襞を割って入り込みました。

「だめ、やめて・・・そんなことされたら食事つくれない・・・」

「何言っていやがる、オマンコ、濡れ濡れにしているくせに。」

悔しいけど、男の言葉は事実でした。

すでに私は、男に触れられるだけで、無条件に反応してしまう、そんな身体になっていたんです。

いつのまにか、パンティは脱がされ私は、流しの淵を握り締めながら、男の指の動きに翻弄されていました。

「アア・・・アアア・・・」

私の声のトーンは高くなり、オマンコから流れ出る淫らな蜜は、キッチンの床を汚しました。

しかし、あと一歩で絶頂へ達しようとした瞬間、私を欺くかのように、男は指を抜いたのです。

そして男は何事もなかったかのように冷たく言いました。

「はやく、飯をつくれ!」

そっけなく指が抜かれた後からも、私の愛液は太ももを伝って流れ落ちてきます。

(イヤ、いかせて!)

私は心の中でそう叫ぶと同時に、男の冷たい仕打ちを恨みました。

男はまさに私の心と肉体をオモチャのように弄ぶ悪魔なのです。

自分の前で、身悶え、喘ぎ、悦びの声をあげる人妻の淫らな姿をみて、愉しんでいる悪魔です。

キッチンのテーブルに腰掛けた男のいやらしい視線を背中に感じながら、

私は努めて冷静さを取り戻したふりをして、食事の仕度を再開したのでした。

ようやく、簡単な昼食をつくり終え、私は男の向かい側のテーブル席につきました。

「なかなかうまそうじゃないか。だが、お前の席はそこじゃない。ここだ!」

と言って男が指差したのは、自分の膝の上でした。

(私に膝の上に座れと言うの・・・)

男の真意が分からないまま私は男の傍に行きました。

そして、次の瞬間、予想しなかったものを目にした私の口からはおもわず「アッ」という声がもれました。

男が指さしたもの、それは膝ではなく、真中に勇猛にそそり立つ巨根だったのです。

「はやくこい!これが欲しかったんだろう。」

私は、そんな男の無遠慮な言葉に対して無性に怒りが込み上げてきました。

「イヤです。私を弄ぶのは、もうヤメテ!第一、あなた、食べるんじゃないの!」

と、はき捨てるように言いました。

「ああ食べる。だが俺は欲張りな男なんだ。お前の肉体もいっしょに食べたい。さあ、早くしろ!

せっかくの食事が冷めてまずくなる。来い。ほらこのチンポが待っているぞ。」

と言うと、男のペニスはさらに逞しくピクンと反り返りました。

男は、もの凄く強い力で私の手首をつかむと、身体を引き寄せ、強引に膝を跨がせました

「腰をおとせ」

結局、私は男の思うがまま、男に抱きつくスタイルで、ゆっくりと腰を下ろしたのです。

もちろん、そこにはあの隆々とそそり立つペニスが待ち構え、あっという間に、私の中心を下から貫き通しました。

「アア・・・」私の口からは、諦めとも、快感ともとれる声がもれました。

「さあ、今度は、お前の手料理を食わせてくれ。」

私は、お皿をテーブルからとり、出来立てのチャーハンを一口ずつ、男の口へと運びました。

「うまい。お前の料理も、お前のオマンコも両方、うまい。」

チャーハンを頬張りながら男の口からは次から次へとはしたない言葉が飛び出します。

いつの間にか、私のブラウスの前ボタンは全て外され、両方の乳房があらわになっていました。

そして、男の手は私のお尻にまわり、時折、私の腰をグイッと自分の方へ引き寄せるのです。

その度に、男のペニスは深く挿入され、さらにクリを強く圧迫しました。

「アア・・・」今度こそ、私は快感の声をあげずにはいられませんでした。

眉間にしわを寄せ、迫り来る快感に耐える私の表情を目にしながら、男は優越感に浸って食事を堪能しています。

それでも私は、けなげに男の食事の世話を続けるのでした。

チャーハンを半分ほど食べ終えた男が、次に私に命令したのは、デザートで切ったメロンを口移しで食べさせることでした。

もちろん、男と私は依然として一つにつながったままです。

私はメロンを一切れフォークでとると、自分の口へ運びました。

「全部、口の中に入れろ」

男の命令通り、いったん口の中に入れます。

メロンの甘い香りが唾液とともに口全体に広がりました。

「さあ、俺の番だ」男は口を少しあけ私の口が近づくのを待っていました。

私は唇を近づけました。

男の唇に軽く触れた後、私は舌で押し出すように唾液混じりの熟したメロンを男の口の中に流し込んだのです。

メロンが男の口に入ったのを確認して私は唇を離しました。

その時、おもわず唾液が1本の線となって男の口から私の口へと糸を引きました。

男は満足そうにメロンを頬張っています。

この行為はメロンを食べ終わるまで繰り返されました。

私は、この行為の間、男のペニスがさらに逞しさを増していくのを感じていました。

どうやら、男は、この口移しのゲームに今までになく興奮していた様です。

メロンを食べ終えた男は言いました。

「今度はお前が食べる番だ。そのまま、身体をテーブルに向けろ。」

(えっ、繋がったまま?)

戸惑う私を尻目に、男は器用に、一旦、私の身体を横向きにさせ、さらに90度、回転させました。

「さあ、食え」

私はスプーンでチャーハンをすくうと口へ運びました。

するとその時、男は、思い切り、下からペニスを突き上げたのです。

おもわず、私は「アッ・・」と声を漏らし、スプーンを落としそうになりました。

そして、男は私のブラウスを肩まで外し、両方の手で後ろから乳房をまさぐり始めました。

さらに男の腰は、眠りから覚めたかのようにリズミカルに振動を続けたのです。

とても、チャーハンなど平静に食べていられる状態ではありません。

「なんだ、食べないのか?」

男は私の反応を愉しみながら、分かりきったことを聞いてきます。

「意地悪・・・イヤ・・・やめて・・・・」 

男はさらに動きを激しくしました。

「いいから、食べろ。」

「だって・・・食べれない・・・・」 

「どうして?」 

「・・・気が変になっちゃう・・・」

「そんなにいいか?チャーハンより俺のチンポがそんなにいいのか?」

私は「アアア・・・イイ・・・」と大きな悦びの声をあげながら頷いたのでした。

また男の高まりもいつも以上の様でした。

というより私がもうその段階で自分を失っていたからかも知れませんが、

気が付いた時には、男の膝の上で、その日3度目の放出を受け止めていたのです。

男に背後から強く抱かれながら、しばらくその余韻を愉しんでいました。

ふと、キッチンの時計を見ると、午後1時を指していました。

(いけない、娘が帰ってくる)

私は、その日の娘の帰宅時間が早いことを思い出したのです。

「今日、娘の帰る時間が早いの。お願い、今日はこれで帰って・・・」

男は、今回は素直に従ってくれました。

おそらく私の肉体を味わうことに今日のところは、満足したのだと思います。

こうして、私の長い半日は、ようやく終わり告げたのです。

ようやく、簡単な昼食をつくり終え、私は男の向かい側のテーブル席につきました。

「なかなかうまそうじゃないか。だが、お前の席はそこじゃない。ここだ!」

と言って男が指差したのは、自分の膝の上でした。

(私に膝の上に座れと言うの・・・)

男の真意が分からないまま私は男の傍に行きました。

そして、次の瞬間、予想しなかったものを目にした私の口からはおもわず「アッ」という声がもれました。

男が指さしたもの、それは膝ではなく、真中に勇猛にそそり立つ巨根だったのです。

「はやくこい!これが欲しかったんだろう。」

私は、そんな男の無遠慮な言葉に対して無性に怒りが込み上げてきました。

「イヤです。私を弄ぶのは、もうヤメテ!第一、あなた、食べるんじゃないの!」

と、はき捨てるように言いました。

「ああ食べる。だが俺は欲張りな男なんだ。お前の肉体もいっしょに食べたい。

さあ、早くしろ!せっかくの食事が冷めてまずくなる。来い。ほらこのチンポが待っているぞ。」

と言うと、男のペニスはさらに逞しくピクンと反り返りました。

男は、もの凄く強い力で私の手首をつかむと、身体を引き寄せ、強引に膝を跨がせました

「腰をおとせ」

結局、私は男の思うがまま、男に抱きつくスタイルで、ゆっくりと腰を下ろしたのです。

もちろん、そこにはあの隆々とそそり立つペニスが待ち構え、あっという間に、私の中心を下から貫き通しました。

「アア・・・」私の口からは、諦めとも、快感ともとれる声がもれました。

「さあ、今度は、お前の手料理を食わせてくれ。」

私は、お皿をテーブルからとり、出来立てのチャーハンを一口ずつ、男の口へと運びました。

「うまい。お前の料理も、お前のオマンコも両方、うまい。」

チャーハンを頬張りながら男の口からは次から次へとはしたない言葉が飛び出します。

いつの間にか、私のブラウスの前ボタンは全て外され、両方の乳房があらわになっていました。

そして、男の手は私のお尻にまわり、時折、私の腰をグイッと自分の方へ引き寄せるのです。

その度に、男のペニスは深く挿入され、さらにクリを強く圧迫しました。

「アア・・・」今度こそ、私は快感の声をあげずにはいられませんでした。

眉間にしわを寄せ、迫り来る快感に耐える私の表情を目にしながら、男は優越感に浸って食事を堪能しています。

それでも私は、けなげに男の食事の世話を続けるのでした。

チャーハンを半分ほど食べ終えた男が、次に私に命令したのは、デザートで切ったメロンを口移しで食べさせることでした。

もちろん、男と私は依然として一つにつながったままです。

私はメロンを一切れフォークでとると、自分の口へ運びました。

「全部、口の中に入れろ」

男の命令通り、いったん口の中に入れます。

メロンの甘い香りが唾液とともに口全体に広がりました。

「さあ、俺の番だ」

男は口を少しあけ私の口が近づくのを待っていました。

私は唇を近づけました。

男の唇に軽く触れた後、私は舌で押し出すように唾液混じりの熟したメロンを男の口の中に流し込んだのです。

メロンが男の口に入ったのを確認して私は唇を離しました。

その時、おもわず唾液が1本の線となって男の口から私の口へと糸を引きました。

男は満足そうにメロンを頬張っています。

この行為はメロンを食べ終わるまで繰り返されました。

私は、この行為の間、男のペニスがさらに逞しさを増していくのを感じていました。

どうやら、男は、この口移しのゲームに今までになく興奮していた様です。

メロンを食べ終えた男は言いました。

「今度はお前が食べる番だ。そのまま、身体をテーブルに向けろ。」

(えっ、繋がったまま?)

戸惑う私を尻目に、男は器用に、一旦、私の身体を横向きにさせ、さらに90度、回転させました。 

「さあ、食え」

私はスプーンでチャーハンをすくうと口へ運びました。

するとその時、男は、思い切り、下からペニスを突き上げたのです。

おもわず、私は「アッ・・」と声を漏らし、スプーンを落としそうになりました。

そして、男は私のブラウスを肩まで外し、両方の手で後ろから乳房をまさぐり始めました。

さらに男の腰は、眠りから覚めたかのようにリズミカルに振動を続けたのです。

とても、チャーハンなど平静に食べていられる状態ではありません。

「なんだ、食べないのか?」

男は私の反応を愉しみながら、分かりきったことを聞いてきます。

「意地悪・・・イヤ・・・やめて・・・・」 

男はさらに動きを激しくしました。

「いいから、食べろ。」

「だって・・・食べれない・・・・」

「どうして?」

「・・・気が変になっちゃう・・・」

「そんなにいいか?チャーハンより俺のチンポがそんなにいいのか?」

私は「アアア・・・イイ・・・」と大きな悦びの声をあげながら頷いたのでした。

また男の高まりもいつも以上の様でした。

というより私がもうその段階で自分を失っていたからかも知れませんが、

気が付いた時には、男の膝の上で、その日3度目の放出を受け止めていたのです。

男に背後から強く抱かれながら、しばらくその余韻を愉しんでいました。

ふと、キッチンの時計を見ると、午後1時を指していました。

(いけない、娘が帰ってくる)

私は、その日の娘の帰宅時間が早いことを思い出したのです。

「今日、娘の帰る時間が早いの。お願い、今日はこれで帰って・・・」

男は、今回は素直に従ってくれました。

おそらく私の肉体を味わうことに今日のところは、満足したのだと思います。

こうして、私の長い半日は、ようやく終わり告げたのです。

その晩、久しぶりに夫が私の肉体を求めてきました。

(せめて今日だけは避けたい・・・)

私は、昼間、この部屋で繰り広げられたあの男との淫らな行為をどうしても振り切ることができなかったのです。

こんな気持ちのままでは、とても夫の愛撫を素直に受け入れることなどできない・・・。

すでに、私の肉体は完全に夫を裏切っているといえ、このままの気持ちで夫に抱かれるのは、

まさしく心から夫を、そして子供を裏切るような気がしてならず、私は自然と身体を硬くしました。

しかも、そこは、今日の午前中、あの男が、乱れまくる私の中に二回、精を放ったベッドの上なのです。

そんな私の不貞など、全く疑う余地のない夫はいつものように優しい愛撫を続けています。

完全に拒否の態度を示せないまま、やがて慣れ親しんだ夫のペニスが私の中に入ってきました。

私は、夫の愛を何とか全身で受け止めようと努めました。

しかし、しばらくして私の心の中に大きく広がってきたもの、それは何ともいえない空虚な気持ちでした。

(私は夫を愛している・・・)

何度も心の中でそうつぶやきました。

しかし、夫の一方的な行為が続く中で、その言葉は空しく私の心に響くだけだったのです。

唯一わかったこと、それはあの男が、私の肉体と心に刻み込んだものが、

今、確実に私たち夫婦の絆を引き裂き始め、幸せだった家庭を崩し始めているということでした。

今日も、あの男はほぼ決まった時間(午前8時半すぎ)に、我が家のベルを鳴らしました。

3日ぶりの訪問です。

玄関に入って、熱く私の唇を奪った男は部屋に入るや否や、突然、言い出しました。

「今日は2人で外へ出るぞ。」

もう今となっては、この男のすること、言うことに対しては、たいがいの事では驚かなくなっていた私でしたが、

さすがに男の口からいきなり飛び出したこの言葉には、耳を疑いました。

「えっ?」

「外に出ると言っているんだ。早く用意しろ!」

いつものような命令調が戻ってきました。

(この男、本気で私を外へ連れ出そうとしている。どうしよう・・・きっと今度は外で私をどうにかするつもりなんだわ・・・)

すると男は次に、ベッドルームにむかいました。

私もその後についていくと、男は、衣装棚をあけ、何やら、私の服を物色し始めたのです。

そして、1枚のスカートを取り出すと、「これを履け。ただし素足のままだぞ。」と私に放り投げてきました。

私が男から受け取ったのは、まだ短大出たてのOL時代に履いていたミニのタイトスカートでした。

(これを履いて外へ出ろと言うの?今更恥ずかしくて履けるわけないわ・・・)

「早くしろ!」

相変わらず、有無を言わさない言葉が私を突き刺しました。

私は、渋々、履いていたスカートを脱ぎ、そのミニに足を通しました。

何とか履き終えた私の姿が、ドレッサーの鏡に映し出されます。

膝上15cmはあると思えるミニスカートは、パンティラインがはっきりわかるくらい、

ピッタリと張り出した私のお尻に密着していました。

(お尻がきつい・・・無理ないわ、8年も前のスカートだもの。でも、恥ずかしい、こんな姿、とても他人に見せられない・・・)

自分で言うのも変ですが、それはまるで腰からピップにかけて男を挑発するフェロモンが

むんむんと湧き出ているようないやらしいスカート姿だったのです。

しかも同時に指定してきたブルーのブラが、薄手の白いブラウスの下からはっきり透けて見えるのです。

「よし、それでいい。」

男は、私にいつもより濃くお化粧をすることを求めました。

久しぶりにひくアイシャドーにマスカラ・・・そして男の要求とおりにつけた真っ赤な口紅・・・

鏡の前の私は、妖艶な色気を発する娼婦に変わっていきました。

「本当に、お前はいい女になったな。」

ドレッサーの前に座る私に近づいたづいた

男は背後から抱きしめながら耳元でそうつぶやきました。

(いい女というより、俺ごのみの女でしょう・・・イヤだ、どうしよう、こんな姿、ご近所に見られたら・・・)

この日を堺にして、男は私への新たな調教を開始したのでした。

この体験談がよかったらいいねしてね
0
«
»
この体験談を読んだアナタにおすすめ